手すりで快適

手すりは沢山取り付ける事が大切

トイレ

手すりを取り付ける事によって住宅の生活が安全になり、高齢者や介護が必要な人にとっては大切な設備です。住宅の中で手すりを取り付けた方が良い場所は、不安定になる場所で玄関やトイレなどに設置する事で安全性が高くなります。玄関に手すりを取り付ける場合には靴を履きかえる場所に取り付ける事が重要で、ベンチを置いてある場合にはベンチの横にも設置してあると便利です。玄関に設置する手すりとしては縦のタイプが良く、縦の手すりを付ける事で身長に関係なく使用する事が可能です。手すりを設置する時は取り付ける下地がしっかりしている事が重要で、体重をかけた時でも耐える事ができる強度が必要です。玄関ポーチにも設置すると、安全に玄関の出入りができるため安心です。

使い勝手の良いデザインを選ぶ事が重要

トイレにも手すりを取り付ける事が大切で、トイレには数箇所設置する事で色々な使い方をする事ができます。トイレに設置する場合は使用する人の利き腕側に取り付ける事が肝心で、便座に座る時と立ち上がる時に便利な場所に設置する事が肝心です。トイレでは手洗いやタオルなど狭い場所に多くの物があるため、手すりを取り付ける場所をよく考えて邪魔にならないようにする事が大切です。車椅子での生活になった場合の事も考えて設置する事で、車椅子の生活になった時でも使用できるため便利です。手すりのデザインは沢山あるため自分の使い勝手の良い製品を取り付ける事が大切で、手でつかみやすい製品を選ぶ事が重要です。住宅に手すりを沢山とりつける事で転ぶ事がなくなるため、高齢者でも安心して暮らす事が可能です。